平成30年度「赤い羽根共同募金」助成による防災倉庫設置について

毎年、各地で自然災害が発生しており、多くの人命や財産等が失われておりますが、近年は、気候変動の影響か災害リスクが増大してきており、当地、米原市でも、昨年は竜巻が発生し、甚大な被害をもたらしました。
弊会では、万一の時には、地元の寺倉自治会をはじめ、近隣の入所施設の避難受け入れ先としてご利用いただく提携を取り交わしており、有事に備えた防災倉庫と防災機器等の整備について喫緊の課題といたしておりました。
今般、おかげさまで、平成30年度赤い羽根共同募金「防災支援事業(第2次)」により、防災倉庫設置にかかる助成金の決定(助成金額:200,000円)を受け、本日、3月8日に防災倉庫の設置(特養棟西側)を完了いたすことができました。
この度、赤い羽根共同募金の助成を賜り、防災倉庫が設置できましたことを心より御礼申し上げます。