口腔衛生への取り組みについて

今般、弊会の入所系施設となります特別養護老人ホームならびにグループホームでは、ご入居者の方の口腔内の病気の予防や誤嚥性肺炎予防、嚥下・経口維持に着目いたし、口腔ケアの質の向上を目指して12月1日より口腔管理体制を整えることとなりました。

具体的な内容は、提携訪問歯科医師の指示を受けた歯科衛生士によるご入居者の方への口腔ケアの実施、介護職員へのご入居者の方毎の口腔ケアにかかる技術的助言および指導により、口腔衛生管理の取り組みを行います。

また、口腔ケアに関するそのほかの取り組みとしては、11月20日には、非常勤医師による職員向けの口腔ケアの研修を実施、12月20日には、厚生労働省老人保健健康増進等「介護保険施設における歯科医師、歯科衛生士の関与による適切な口腔衛生管理体制のあり方に関する調査研究事業」(研究代表者:一般社団法人日本老年歯科学会、研究実施者: 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター)に、特養ご入居者の方と事業所である特別養護老人ホームスマイルが平成28年度から引き続いて参加協力いたすことといたしております。