インフルエンザ流行時期の入所系事業所へのご面会等に関するお願い

例年、11月下旬頃から翌年の春先にかけて、インフルエンザの流行時期を迎えることとなりますが、ご存じのとおり、インフルエンザの感染力は非常に強く、いったん流行が始まると短期間に多くの人に感染が拡がり、わが国では毎年約1千万人、約10人に1人が感染するといわれています。
また、高齢者介護施設でのインフルエンザウイルス、ノロウイルスなどの集団感染の多くは、施設内で新規発生したものでなく、施設外から通勤する職員や施設をご利用いただく方、来訪される方など、「外部からの持ち込みによって起こる。」といわれております。
弊会では、全事業所に空間洗浄機を設置し、例年、入所系施設にご入居の方ならびに職員にはインフルエンザワクチンの予防接種に加え、インフルエンザの流行期には、ご来設の方すべてに手洗い・うがい・マスク着用などのご協力をいただいております。
おかげさまで、弊会入所系施設においては、10年間ご入居の方のインフルエンザへの罹患は確認されておりませんが、抵抗力が一般的に弱いとされるご高齢者の方がインフルエンザに罹患いただくことがないように対応していくかが永年の課題でもあります。
本年も、感染防止のキーワードである、感染源を「持ち込まない」・「持ち出さない」・「拡げない」を念頭に置き、下記のとおり運営を実施させていただきたく存じますので、何卒、よろしくご協力のほどお願いいたします。
なお、本件でお知らせした内容につきましては、インフルエンザの流行状況等により、変更させていただかなければないこともありますので、予めご了承賜りますようお願いいたします。

                                        社会福祉法人 近江薫風会
                                            施設長 金 森   亮

 

《インフルエンザ流行時期の入所系事業所へのご面会等に関するお願い》

本件につきましては、弊会事業所をご利用・ご家族各位には、すでに文書にてご案内をいたしておりますところですが、ご家族以外の方が面会等でご来設いただく場合についても同様、以下のとおりご対応くださいますようお願いいたします。
現在、ご面会等につきましては、通常通りとさせていただいておりますが、特に、これからインフルエンザの流行時期を迎え、インフルエンザへの感染状況によっては、制限(第1段階ご面会制限、第2段階ご面会制限)をさせていただきたく存じますので、予めご了解くださいますようお願いいたします。
また、冬期シーズン中にご来設およびご面会いただく折は、お手数ですが、電話(法人本部:0749-54-8200)または、弊会ホームページのトピックスのコーナーでご確認の上、ご来設賜りますよう、あわせてお願い申し上げます。

第1段階ご面会制限の場合
◎ご家族をはじめご入館いただくすべての方をご対象とし、感染予防、まん延防止のため、嘔吐、下痢、発熱、せき、くしゃみ、鼻水症状がおありの場合は、入館をご遠慮いただくことといたしております。
◎不要不急と判断させていただいた場合には、失礼ながら面会をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承いただきたくお願い申し上げます。
◎ご家族関係者の方のご面会については、ご入居の方がご移動できないなどの場合を除き、原則、特養、ショートステイにご入所の方へのご面会は、各階エレベーターホール前のコーナー、グループホームにご入所の方へのご面会は、施設のスペースの関係上、居室での対応とさせていただきます。
◎入館いただく際には、玄関に用意いたしたマスクを装着いただきますとともに、手洗い後、備え付けのアルコール消毒液にて手指の消毒のうえ、ご入館くださいますようよろしくお願いいたします。

第2段階ご面会制限の場合
◎面会を全面中止とさせて頂きます。

以 上